東京サマーランド子連れの持ち物は?必需品ってある?

※アフィリエイト広告を利用しています

お出かけ

夏のお出かけといえば『プール』ですね!ついに子連れサマーランドデビューをすることになりました!初めて行く方、子連れで行く方は「何を持って行けばいいの?」と持ち物に悩むのではないでしょうか?そこでこの記事では、サマーランドに持っていく持ち物について調べたことをお伝えしたいと思います!ぜひ最後までご覧ください♪

東京サマーランド公式サイトで推奨されている持ち物

必ず必要なもの
  • チケット(3歳から必要)
    事前購入が必要。チケット売り場での販売はなし。
  • 水着
  • サンダル(靴底が柔らかい靴)
  • タオル

▷チケット購入はこちらから
▷妊娠中の方で水着を探している方は妊婦おしゃれ水着どこで売ってる?代用品は?西松屋に売ってる?オススメ6選!をご覧ください。

あると便利なもの
  • 浮き輪
  • ゴーグル
  • スマホ防水ケース
  • ラッシュガード
  • コインケース
  • レジャーシート

東京サマーランド公式サイト 初めての方へ

手ぶらでもOK!?

チケット・現金・電子マネー・クレジットカードさえ持っていれば、手ぶらで行っても大丈夫です。園内のショップで上記の必要なものは全て揃えることができます!

その他公式推奨以外で持っていく方が良い持ち物

  • 日焼け止め(焼きたい人はサンオイル)
  • 水着の上から着れる服
  • モバイルバッテリー
  • 現金
  • カミソリ
  • お菓子
  • 帽子
日焼け止め・サンオイル

日焼け止めは、焼けたくない方、炎症を起こしたくない方には必需品です。プールなのでウォータープルーフのものを使用するのがオススメです。こまめに塗り直して日焼け対策をしましょう。逆に、「焼きたいよ!」という方は、サンオイルを持っていくときれいに焼けます。

水着の上から着れる服

東京サマーランドの1dayパスにはのりもの乗り放題(一部アトラクション、コイン遊技機を除く)がついています。プールエリアと繋がっているので、水着を着用したまま遊びにいけますが水着だけではのりものに乗ることができません。Tシャツや羽織りものを上から着用できるように持って行った方が手間なく楽しみましょう♪

モバイルバッテリー

ててゴンは子供の写真や動画をスマホで撮るのですぐに充電が無くなります。電子マネーで決済も出来るため、充電の減りが早いことが予想されます。たくさん写真や動画を撮る方は持って行った方が良いでしょう。

現金

ロッカー・ドライヤー・駐車代は現金のみの支払いとなっています。東京サマーランド内にATMはないので、使用する予定のある方は、現金も持っていきましょう。

カミソリ

家でチェックしていても、明るい場所で水着を着てみると気になる部分に気がつくかもしれません。そういった時のために、持っておくとサッと処理できて安心です。

お菓子

サマーランド内に飲食はありますが、割高です。プールは意外と体力を消耗するので、休憩時に小腹が空くと思います。簡単に食べられるお菓子を持っていくとすぐに食べられて良いそうです。

帽子

アトラクションゾーンで遊ぶときに日差し対策が必要です。帰宅する際も、髪をまとめて帽子をかぶればサクッと支度を終わらせることができます。帽子を持っていくと便利でしょう。

子連れの際、持って行く方が良い持ち物

  • キャリーワゴン
  • クーラーボックスや保冷バッグ
  • ポップアップテント
  • 多めにタオル
  • ペットボトルの飲み物
  • ハンディファンなど暑さ対策グッズ
  • 除菌ウェットティッシュ
  • プール用水遊びパンツ予備
  • 離乳食・ベビーフード・粉ミルク
キャリーワゴン

ここまで必要なものを記載してきましたが、とにかく荷物が多いです。大人だけでいく場合は不要かもしれませんが、子連れの家族で行く場合は持って行った方が荷物の持ち運びが楽に出来るでしょう。

クーラーボックス・保冷バッグ

園内で都度飲み物を購入しない場合は、持って行った方が良いでしょう。事前に凍らせたペットボトルや、軽食などを入れておくのに便利です。暑いとすぐにダメになってしまうもの、冷たさをキープした飲み物が飲みたい場合は持っていくと保冷機能で安心です。

ポップアップテント

休憩場所としてテントがあると便利です。赤ちゃん連れの場合はおむつ替えや着替え等に利用できます。日差し対策にもなるので休憩中少しでも日陰の場所があると休まります。
室内では使用不可のため、屋外プールの場所取りで使用

多めのタオル

1人1枚だと子供がいる場合、足りないかもしれません。プールと休憩を繰り返すとタオルが乾く暇がないかもしれません。他にも飲み物をこぼしてしまった時や、いざという時に使えるので、タオルは多めに持っていくのが良いでしょう。大きめのタオル人数分とフェイスタオルを数枚持っておくと良いかもしれません。

ペットボトルの飲み物

水筒は重くて荷物になるので、たくさん水分を摂取することが予想されるサマーランドでは、ペットボトルを持って行って、飲み切った分はゴミを捨てて帰る方が荷物を減らすことができそうです。大容量の水筒やウォーターサーバーを持っている方は、ペットボトルでなくても良いかもしれません。園内で飲み物を購入すると割高なので事前に購入して持っていくことをオススメします。

ハンディファン等の暑さ対策グッズ

テントで日差しを避けていても、湿度による暑さが残ります。ハンディファンは風を起こしてくれるので、より涼しさを感じることが出来るでしょう。他にもクーラータオルやクーラーリング等あると快適に休憩できます。

除菌ウエットティッシュ

休憩時に間食することが多いと思います。都度、手を洗いにいければ良いですが、混雑していたり、場所によっては手洗い場が遠かったりするでしょう。そんな際にパパッと手をきれいに出来る除菌ウエットティッシュがあると便利です。

プール用水遊びパンツ予備

おむつが外れていない子供は水遊び用のおむつの着用が必須となっています。遊んでいる間に水遊びパンツがパンパンになったり、アトラクションゾーンへ行く際に一度オムツを変えるタイミングがあると思います。園内にも販売していますが、割高なので持っていくのがオススメです。

離乳食・ベビーフード・粉ミルク

園内に「離乳食・ベビーフード・粉ミルク」の販売がありません。赤ちゃん連れで行く際は、忘れないように注意しましょう。

さいごに

最後までご覧いただきありがとうございます。サマーランドに初めて遊びに行く方のお役に立てると嬉しいです。
ぜひ夏の思い出を作って楽しんでください♪

関連記事はこちらをご覧ください
赤ちゃん連れの方▷【東京サマーランド】赤ちゃん連れおむつ替えの場所は?子連れ注意点まとめ
持ち物詳細を知りたい方は▷子連れ東京サマーランドデビュー!実際に必要だった持ち物・注意点レポ
場所取りに関しては▷東京サマーランドに赤ちゃん・幼児連れで行く場合の場所取り攻略
未就学児おすすめプールについて▷【東京サマーランド】幼児・赤ちゃん子連れ家族におすすめプールご紹介

タイトルとURLをコピーしました