【鍋の吹きこぼれ対策】正解は鍋の縁に油を塗る!です。

※アフィリエイト広告を利用しています

ててゴンメモ

麺やパスタなどの乾麺を茹でる時に吹きこぼれることがあります。菜箸を渡らせても完全に防げなかったり、スプーンを沈めるのは抵抗があったり、油を混ぜるのは食感や味に変化がないか心配ですよね。そこで、最も簡単で誰でもできる裏技があるのでご紹介します。

吹きこぼれ防止裏技は鍋のふちに油を塗る!

『キッチンペーパーにオリーブオイルを染み込ませ、鍋のふちに塗る』たったこれだけです。スプーンを熱して余分な洗い物を増やしたり、菜箸が焦げたり転がって落ちる心配をしなくて良いので、ててゴンはこの方法がベストだと思っています。

オリーブオイル以外もOK

今回は、オリーブオイルを染み込ませたキッチンペーパーを鍋の縁に塗りましたが、キャノーラ油などでも大丈夫でした。

味の変化はある?

油を適量、鍋の縁に塗るだけなので、茹でた麺に味の変化や食感の変化はありませんでした。吹きこぼれそうなお湯が写真みたいに鍋の内側で膜を作って決して溢れてこないのでとてもこの方法は重宝しています。

実際の動画

自身の撮影動画がUPできないので、Xで見つけた動画でご覧いただきたいです。
最初の1回目は通常の状態で茹でた場合の状態を表していて、吹きこぼれています。
しかし、オリーブオイルを塗ると吹きこぼれなくなります!

【結論】どの方法もダメだった方におすすめ!

鍋の吹きこぼれ防止のためにわざわざ便利グッズを購入する必要はないと思います。
今までどの方法も微妙だなと思っていた方にはぜひ試していただきたいです。
ライフハックを増やして、快適に過ごしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました